日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場  
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!
 

名古屋市交通局

名古屋市交通局

名古屋市の交通事業は
大正11年の路面電車の営業を始めとして、
昭和5年に市バスの営業を、
昭和32年に地下鉄の営業を開始し、
「市民生活」「都市活動」を支える都市基盤として、
名古屋市の発展を支えてきたところです。

現在、名古屋市バスについては、
名古屋市域内全域にきめ細かな路線網を有し、
機動性の優れた公共交通機関として、
また、
名古屋市地下鉄については、
高速で定時性を有し、
大量輸送が可能な基幹的公共交通機関として、
あわせて市内公共交通利用の約5割の、
日々145万人の皆様にご利用いただき、
名古屋市民の足・都市活動・まちづくりなどを支えるという
重要な役割を担っています。

しかし、事業経営の根幹でありますお客様は、
自家用自動車や自転車利用の増加、
少子高齢化の急速な進行などにより減少し、
名古屋市バス、名古屋市地下鉄の収支状況は非常に厳しいものとなっています。
 
今後とも引き続き、
名古屋市民・利用者の皆様の理解と信頼をいただきながら、
名古屋市営交通事業として名古屋市バス・名古屋市地下鉄事業を一体的に運営し、
安心・安全で快適な交通サービスを提供していくため、
市営交通事業経営健全化計画(平成14〜17年度)に引き続いて
平成18年3月に「市営交通事業経営改革計画」を策定したところであり、
この改革計画の初年度となる
平成18年度から、経営体質の強化、
お客様サービスの向上、利用促進・附帯事業の拡大など、
施策の全てにわたりトップスピードで進めています。

名古屋市バスのあらまし
名古屋市バスは、
名古屋市民の日常生活を支えるために欠くことのできない交通手段であり、
路線の維持・整備に努めるとともに、
その機動性を生かしたきめ細かなサービスを行っています。

また、
鉄道網と一体となって需要に応じた効率的な運行サービスを行うため、
名古屋市地下鉄の開通などにあわせて再編成を行うなど、
鉄道網との連携強化に努めています。

そして現在では、
ほぼ名古屋市内全域において、161系統、営業キロ731.4キロ
(平成18年4月1日)の営業を行っています。
一方、乗車人員については、
名古屋市地下鉄路線網の整備、少子・高齢化等の都市構造・都市生活の変化、
自家用自動車や自転車利用の増加などにより、
減少傾向が続いており、
平成17年度は1日あたり約30万人(見込)となっています。

また、運転1キロ当たり乗車人員は3.24人(平成16年度)と、
他の5大都市平均が4.15人であるのに対し、
運行効率が非常に悪い状況となっています。
平成14年2月からは、
乗合バス事業の需給調整規制が廃止されるなど、
名古屋市バス事業を取り巻く環境は一段と厳しい状況となっています。
 
このため、
名古屋市バスと名古屋市地下鉄等による効率的で利便性の高い公共交通ネットワークの形成により、
名古屋市民の足を確保するとともに、バス運行の効率化を図るため、
平成15年12月及び平成16年10月には地下鉄等の開業にあわせて、
名古屋市交通問題調査会第四次答申の趣旨に沿った
名古屋市バス路線の再編成を実施し、
平成18年3月には、名古屋市バスのダイヤ改正などを行いました。

名古屋市地下鉄のあらまし
名古屋市地下鉄は、
昭和32年11月に東山線名古屋・栄間で営業を開始し、
その後順次路線を延長し、
平成16年10月6日の、4号線名古屋大学・新瑞橋間5.6キロの開業により、
89.1キロの営業となりました。
この開業により名城線は、
全国初の地下鉄環状運転を実施しています。
 
名古屋市地下鉄は、
高速で定時性を有し、大量輸送を可能な公共交通機関として、
名古屋市内交通の基幹的な役割を果たしています。
 
乗車人員については年々増加していましたが、
少子・高齢化等の都市構造・都市生活の変化、
自家用自動車や自転車利用の増加などにより、
近年、新線開業はあるものの大きな伸びは得られず、
平成17年度は1日平均約115万人(見込)となっています。
運転1キロ当たり乗車人員は5.98人(平成16年度)と、
6大都市の他の5都市平均が6.49人であるのに対し、
運行効率が悪い状況にあり、名古屋市地下鉄も運行の効率化が課題となっています。

名古屋市交通局『市バス・地下鉄』のご案内
平成18年6月に、名古屋市交通局の事業内容や財政状況などをまとめた冊子『市バス・地下鉄』を発行しております。PDFファイルでご覧いただけます。
冊子『市バス・地下鉄』(平成18年6月発行)全文

乗換え案内なら・なごや乗換ナビ
市バスがより便利に・市バス接近情報
地図から検索・なごや地図ナビ
名古屋市交通局名古屋駅前地図
| コメント(2) | TB(0) | 名古屋市交通局
この記事へのコメント
こんにちは。セントレア的生活のえりです。
トラックバックありがとうございます。
名古屋仲間ですね。
名古屋の情報、参考にさせて頂きます。
これからもよろしくお願いします<(_ _)>
ご挨拶まで。
えり
都会の悪の原因は下水道の汚水と糞尿処理とゴミかもしれない それらの中には悪玉菌が発生する 悪玉菌の性質は滅ぼしあう善玉菌の性質は助けあう それぞれ波動を持っていて空間を通して生物に影響するらしい これが事実なら重大問題である 善玉菌パワーで悪玉菌を浄化して健康な社会を作れるかもしれない そのための経費を決してもったいなく無いほど重大問題かもしれない
増田二三生
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。