日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場  
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!
 

名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ

名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ−エコ度格付けは「A」



名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ−エコ度格付けは「A」
地球温暖化の影響を受け、
世界中が対策を講じなければならないと、メディアが毎日のように報じている。
洞爺湖サミットも日本が主導権を持てればいいと思う。
名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ−エコ度格付けは「A」同慶の至りだ。

新築建物のエコ度格付け、愛知県も導入へ
朝日新聞
名古屋市によると、
名古屋駅前の高層ビルの「モード学園スパイラルタワーズ」の格付けは「A」、
JRセントラルタワーズと
ミッドランドスクエアは制度導入前で格付けはない。
専門家の間では「核家族化で世帯数が増え、
住宅のエネルギー消費は何も対策をとらなければ10 ...
詳しくは下記からどうぞ!
朝日新聞 2008年04月16日

新築建物のエコ度格付け、愛知県も導入へ

名古屋駅前情報【名古屋駅前超高層ビル】
| コメント(0) | TB(0) | 名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ

名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ

名古屋駅前・メディカル総合学園・名古屋医専(仮称)



学校法人モード学園が計画中の専門学校です。
名古屋医専は2008年4月開校を計画している新設校です。

チーム医療・福祉の時代には、
複合的学科編成がモノを言う。

チーム医療とは、
一人の患者に対して、
各分野の専門家が連携しながら治療を行うことです。

近年は高齢化が進み、
生活習慣病やその後遺症に悩む人が増えています。
また世界各地で地震や台風といった自然災害、
さまざまな事故も起きています。
こんな時代に最も必要なのが、
医療・福祉分野の専門家が連携し、
チームで患者のケアに当たっていくこと。
例えば、病気やケガをした患者の場合、
診断→治療→リハビリといった流れを経ていきますが、
1つの専門職で十分な対応ができるものではありません。
各分野の専門家がプロジェクトチームを組み、
意見を交換しながら人間の命を守り、
病気や障害に立ち向かっていく「チーム医療・福祉」の時代なのです。
こうした時代に、
それぞれの専門家が求められるのは、
他分野における専門職の仕事内容をも理解し、
幅広い知識と教養を身につけること。
そして同時に自らが志す専門分野の知識を向上させ、
技術を発揮することです。

名古屋医専では
昼間コース14学科・夜間コース11学科という類を見ない
複合的学科編成を誇ります。
社会の医療現場で各分野の専門家が連携・協力しているのと同様、
本校でも各分野の優れた指導陣や豊富な施設・設備を揃えた環境のもと、
各学科と交流・連携し、チーム医療に必要な学びを実践します。
(1)「チーム医療概論」(各職種の内容や役割を学ぶ)
(2)「チーム医療実習」(実技を通して他学科を知る)
(3)「チーム医療症例」(各学科から学生が集まり、テーマに基づき議論し結論を導き出していく)
という3つのステージで授業を進める予定です。
名古屋医専では、
このような深い洞察力と広い視野に加えて、
各分野とのコミュニケーションスキルと
どんな状況にも柔軟に対応できる人材を育成します。
こうした人材こそ、
時代が求める真のエキスパートだといえるでしょう。

メディカル総合学園・名古屋医専(仮称)

名古屋駅前情報【名古屋駅前超高層ビル】
タグ:名古屋医専
| コメント(0) | TB(0) | 名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ

名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ

名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ

モード学園スパイラルタワーズ(モードがくえんスパイラルタワーズ)は、
名古屋市中村区名駅4丁目27番地に、
学校法人モード学園・三井不動産が建設中のビルであり、
2つのビルがねじりながら
空に伸びてゆくような奇抜で未来的なデザインが注目を集めている。

名古屋駅前の名古屋三井ビルディング南館・東館跡の
再開発プロジェクトで、2008年2月に竣工予定。

地上36階地下3階で、
1階〜36階が「名古屋モード学園」と
「コンピュータ総合学園HAL」の2つの専門学校になり、
1階の一部と地下1階〜2階が店舗、地下3階が駐車場となる予定。
延床面積が5万uを下回っており、
環境影響評価の対象とはならなかった。

2007年5月6日中日新聞に掲載された広告によると
★大学でもない、専門学校でもない、新しい専門学校です。
・名古屋モード学園、
・HAL名古屋「コンピュータ総合学園HAL」から校名変更予定
・メディカル総合学園「学校法人名古屋医専・仮称」の
新校舎になるということです。
ファッション×IT×医療の3つの教育機関が新校舎に融合します。

07:05:26-モード学園canvas.gif

モード学園スパイラルタワーズの概要
高さ−170m(地上36階・地下3階)
着工−2005年10月
竣工−2008年2月(予定)
事業者−モード学園、三井不動産
設計−日建設計
施工−大林組
用途−学校施設、店舗
敷地面積−3,540u
建築面積−2,478u
延床面積−48,988.96u

★三井不動産ニュースリリース★
| コメント(0) | TB(2) | 名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ

名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ

名古屋駅前ビル・スパイラルタワーズ・厄落としか?

中日新聞(2007年6月7日 朝刊)によると
「地上150メートル鋼材落下 
名古屋駅前ビル建設現場
奇跡的、けが人なし」


本当に奇跡としか言いようが無い、白昼、
交通量の多い片側3車線の車道に
長さ三メートル四十八センチ、重さ百キロのH形鋼材が落下した。
地上百五十メートルの高さから
猛スピードで落ちてきた鋼材が直撃したのは、
幸いにも人ではなく、車道。
路面には衝撃を物語るくぼみができていた。

このビル建設現場は笹島交差点という名古屋駅桜通口南の大きな交差点北東角地、
道路は、豊田市猿投グリーンロードから、
名古屋万博正面、トヨタ博物館、東名高速名古屋インター、
東山動植物園、今池、栄交差点を経て笹島交差点、その先は津島市に至る
名古屋市内を東西に縦断する唯一の道路です。

幸運なことに、東西の信号が赤で通行車両が無かったこと、
交通車両があれば、何台もの被害が出たと思います。

歩道は、ヤヤコシク廻りこむためすぐ北の錦通りに廻った人があり
落下時点に現場通行人がいなかったことも幸いでした。

詳しくは、
地上150メートルから鋼材落下 名古屋駅前ビル建設現場
中日新聞(2007年6月7日 朝刊)
写真1、

鋼材が32階(1)から落下、8階(2)に当たった後、
車道(3)に落ちた、建設中の「モード学園スパイラルタワーズ」
写真2、
落下した鋼材がぶつかって割れた壁面ガラス=
いずれも6日午後5時すぎ、名古屋市中村区名駅4で、
中日新聞社ヘリ「あさづる」から
が掲載されています。
| コメント(0) | TB(0) | 名古屋駅前・モード学園スパイラルタワーズ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。